⑥作成_Column_UiPath StudioXをさわってみよう