③プロファイルの選択_Column_UiPath StudioXをさわってみよう