RPAロボット作成

ロボットを作ろう!~表データ読み込みとExcel転記(後編)~WinActor④

こんにちは!

本日は前回の続き、WEB上の表情報を取得してCSVに転記するシナリオの作成を進めていきます。


【シナリオ完成図】(再掲)


それでは「表の値取得(IE)」のノード作成から始めていきます!

気象庁のアメダスの表の内容を取得するため、「表の値取得(IE)」のノードを配置してください。

ライブラリ>04_自動記録アクション>「表の値取得(IE)」

配置したらノードをダブルクリックして、以下のとおりプロパティ設定を行ってください。

「ウィンドウ識別名」は、ターゲットボタンを押した後に気象庁サイトのタイトルバーをクリックします。

「対象コントロール指定」は同じくターゲットボタンを押した後に、サイト内のアメダスの表部分(以下赤点線部分)を指定してください。


データを入れたファイルは名前を変えて保存しましょう。

「Excel操作(名前をつけて保存)」ノードを使用します。

ライブラリ>18_Excel関連>

01_ファイル操作>「 Excel操作(名前をつけて保存)」

ノードをダブルクリックして、以下のとおりプロパティ設定を行ってください。


データを保存したCSVを一度立ち上げてみましょう。

CSVを開くノードをライブラリから選択します。

ライブラリ>18_Excel関連>

01_ファイル操作>「 Excel開く(全面化)」

こちらもダブルクリックしてプロパティ設定を行ってください。


これで設定終了です。さっそくシナリオを実行してみましょう!

指定した絶対パスの場所に「テスト結果」のCSVが出来上がっていると思います。

ファイルを開くと、サイト内にあったアメダスの表が反映されているはず!

今回はアメダスのデータを使いましたが、是非ご自身の業務に置き換えて試してみてくださいね!

—————————————————–
https://winactor.com/

WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。